社内SEになりたい!失敗しない転職成功のための方法とは?

社内SEに転職するために知っておくべきこととは?

 

社内SEの仕事

 

 

社内SEに転職したい!.

 

 

もう客先常駐はやめたい!

 

 

社内SEに転職するためにはどうしたらいいのだろうか?.

 

 

あなたは今そのように考えていますか?

 

SEという職種や仕事は好きだし魅力を感じているので続けたい。

 

でも......

 

もっと自分の能力を成長させたり、活かせる環境や会社が他にあるのではないだろうか?

 

社内SEだと年収も良さそうだし、毎日同じ環境や場所で働けるので気を遣うこともなさそう。

 

正直ちょっと社内SEの仕事のほうが楽そうに思えるし......

 

 

 

実際のところ社内SEの仕事はどういう実務があるのだろう?

 

社内SEに転職すると本当に今よりも楽になるだろうか?

 

社内SEとして転職できそうな会社や企業はあるだろうか?

 

 

SE仕事のやりがいと悩み......

 

SE(システムエンジニア)としての仕事は確かにやりがいがあるものですよね。ネットワークやシステム開発プロジェクトの部門をまとめ、基幹の設計、要件の定義、構築、導入、運用など根幹となる部分を担うのがSEという仕事です。

 

また、事業チームやグループを束ねたり、どのツールを使うかを検討したり、詳細を決定し採用か不採用かを判断したりして、思い描くシステムの実現に向けて先頭に立って推進していく人間がSEです。

 

この仕事は好きなので辞めたくはないけれど、正直今の仕事の環境には疲れている。客先常駐は会社が変わるたびにその会社のやり方に合わせなければいけないし、仕事が終わったら次の会社に行くので、自分が関わった仕事の評価や功績がいまいち分かりにくい。

 

それに何だか会社にいいように使われているだけのような気もしている。

 

段々と今の仕事に興味が無くなってきてしまっている。

 

実は同じような悩みを抱えて、社内seへの転職を考えている20代のエンジニアは増えているんです。

 

 

そして実際に社内SEへの転職成功させている人達も多くいるんです。

 

 

では具体的にどのように社内SEへの転職を果たしているのでしょうか?

 

 

このサイトでは社内SEへの転職を考えているあなたが必要としている情報をご紹介しています。

 

社内SEの具体的な仕事内容から実際に社内SEとして働いている人の声、また会社や企業にとって社内SEの存在がどれほど大きいものなのか、そして社内SEとして転職するための方法についてご紹介しています。

 

このサイトが社内SEへの転職を考えているあなたのお役にたてることを願っています。

 

 

目次

 

  • 社内SEの仕事内容は??
  • 社内SE転職者の生の声。転職して良かった?
  • 会社や企業での社内SEの評判や評価は?
  • 社内SEへの転職を成功させるためには?
  • 現役SEが語る、社内SE仕事の魅力とやりがい
  •  

    社内SEの仕事内容は??

     

    社内SEの仕事

     

    社内SEが行なう仕事や求められていることは、その企業や会社によって大きく変わってきます。

     

    とはいえあえて社内SEを定義すると......

     

    「自社の製品やシステムを企画や管理したり保守をしたりする役目」

     

    と言えます。

     

    客先常駐だとその常駐している会社のシステムの構築を担当していた訳ですが、社内SEの場合は自社の製品や自社で使用している情報システムなどの構築や保守を担当する技術の必要な職ということになります。

     

     

    社内SEの大切な4つの仕事と役割

     

     

     

    1、ヘルプデスクとしての役割

     

    これはオフィスのパソコンやその他関連機器や機械の異常や不具合を直したり、メンテナンスをしたり、トラブルの相談窓口を意味します。

     

    「出社したらPCが動かないのだけど見てください〜」
    「無線LANが機能していないのですが直してください〜」

     

    などの急なヘルプが社員から寄せられる場合があります。簡単なものから複雑なものまで、そのようなテクニカルな作業に対応して自分の持つスキルを活かして応じる、社員を支える役割とも言えます。

     

    会社によってはPC関連の何でも屋のような立ち位置になる場合もありますね。

     

    幅広い分野での最新の情報に基づく対応が可能であれば喜ばれます。

     

    またITやWebサービスなどの社内の研修や教育の講師として、取得した知識やノウハウを提供する場合もあります。

     

     

     

    2、自社システムの管理と保守

     

    その会社が使用している何かのシステムやソフトウェアがあったとして、それの管理と保守の役割を求められるポジションです。また事業所のサーバや電子や電気、または生産、売上のシステムの基盤の制御や監視といった現場の業務も含まれる場合があります。

     

    たとえば製造や販売、営業のシステムや顧客管理のシステムを使用している場合、それに不具合が生じたなら対応したり、さらに追加でこういう機能があると業務がはかどるなどの要望が社員からあったならばそれを聞いて、考慮し、分析し、さらにシステムを改善したりすることになります。

     

    大がかりな改善などになると、経営陣との話し合いやコンサルティングも必要になり、システムの根幹から見直したり、刷新しなければいけない場合などはそのまま新システムの開発といった流れになる場合もあります。

     

    そうなると仕様書の作成、pg(プログラマー)や他のメンバーとの打ち合わせ、たとえば開発の言語を何にするか(例:java、php、c#など)の決定、運営の方法、委託することがあるなら業務委託ができる会社を時間をかけて探す必要もあります。

     

    また大手企業になると本社や支社との連携を任せられたり、情報システム部門などのちょっとした規模の一つの部署や組織と関わるようにもなり、幅広く業務に携わっていく場合もあります。様々な課題に積極的に挑戦しクリアすることで、将来のキャリアアップやキャリア形成にも役立ちます。

     

     

    3、システム開発の企画や外注業者のマネジメント

     

    自社の商品、または自社で使用する新たなシステム開発の中心として活躍することが求められる場合があります。
    その場合開発自体、たとえばプログラミングなどは外注のプログラマーに依頼することになるなら、その外注業者や企業のマネジメントや調整役を任されることになります。そのように業務改善の先頭に立って活躍中の社内SEも多くいます。

     

    またお客様やクライアントのための個別のシステム開発を依頼される可能性もあります。

     

    最近は中国などの海外への展開や商社との繋がりを重視したり、それをメインに据える事業も増えてきたため、海外案件に対応する必要も生じてきています。もし英語ができるならそれを活用して、貴重な戦力として貢献できるかもしれませんね。

     

     

    4、資産管理の業務

     

    新規にPCやプリンターを買い替えるなどの場合、どのPCのスペックが適しているか、どの機種が業務の効率化に役立つかなどを調べ購入する役割を任される場合もあります。

     

    IT関連の資産の管理をすべて任されるということもあります。これには、たとえば社内のPCのウィンドウズOSのアップデートや、移動した際の設置なども含まれますので、社内にかなりの台数のPCがあるとなかなかの作業量になることもあるようです。

     

     

     

    ざっとあげてみましたが、他にも勤める企業によって役割は異なってきます。

     

    自分の持っているスキルをさらに活かせる環境で社内SEとして働けるとやりがいがありますよね!

     

    社内SE転職者の生の声。転職理由と現状

     

    では実際に社内SEとして転職され現在活躍中の方の生の声をご紹介いたします。

     

    転職インタビュー

     

    山之上 大輔さん(30歳)大阪勤務
    3年前にシステムエンジニア、及びインフラエンジニアから社内SEに転職

     


     

    社内SEに転職された志望動機は何でしたか?
    はい。率直に言うと安定を求めました。SEの仕事は好きなのですが、客先常駐にかなり疲れてしまっていました。

     

    次々に新しい会社に行く気疲れもありましたし、まるで転勤しているような感じですからね。客先案件がなくなったら自分の立場はどうなるんだろうという不安がありました。

     

    パッケージソフトの開発が多かったのですが、自由に任せられたり、自分で戦略や計画を立てる選択はなくただ言われたとおりの作業をこなす、ということが多くそれも疲れましたね。

     

    会社に留まってその会社の仕事をするというのは安心感がありますね。
    以前は一体自分はどこの会社の社員なんだろう?と考えてしまうこともありましたしね(苦笑)

     

    後は給与がもう少しあればという希望がありました。今は月給も増えていい感じです。

     

    現在社内SEとしてどのような業務をおこなっていますか?
    そうですね。社内のPC関連のサポート全般とセキュリティ、アプリケーション、データなどのシステム保守です。時々PCの不具合が起きますので、それに対応することもあります。インターネットのページをたまに作成することもありますが、平均したらその数は少ないです。

     

    私が今勤めているのは通販の会社なのですが、受注や発注などの自社システムがあって、それの保守をしています。新しい機能を追加したりして、担当社員の業務効率を改善するようにしています。

     

    正直社内SEは楽ですか??
    ん〜どうですかねえ(笑)楽と言ってしまうと語弊がありますが、自分には向いているなと感じます。

     

    自分はどんどん難しいシステムを開発していってスキルアップしてみたいな、ギラギラしたタイプではないんですよ。

     

    うちは上場企業ではないし、それほど大きな会社ではないです。だからなのか、みんなオープンでとてもアットホームな会社なんです。同僚社員や従業員の一人一人の顔が見えて仲良く働ける安心感があります。

     

    中途採用で入ってきた自分のような立場もいれば、ベテランの正社員の方、契約社員、第二新卒、アルバイトに派遣など、雇用形態が色んな人がいますが、みんな和気あいあいとしています。まるで社内規定にみんな仲良く!って書いてあるようです(笑)

     

    そういう意味で精神的には楽ですね。開発案件がないので納期に追われることもないんで残業もほぼないですし。ああ、まあやっぱりこう考えると楽ですかね(笑)

     

     

    社内SE転職者の生の声。転職して良かった?

     

    社内SEのやりがいは何ですか?
    そうですね。会社や社員の役に立っているという充実感はすごくあります。PC関連で困ったことなどは全部私のところに相談にくる訳ですが、その問題を解決してあげたり、指導したりすると感謝してくれます。

     

    頼られる喜びですかね。月並みですけど、やっぱり「ありがとう」って言われると嬉しいじゃないですか。

     

    反対に社内SEの大変さはどんなところですか?
    はい。今頼られる喜びって言った後になんですが、頼られ過ぎる大変さですかね(笑)

     

    PC絡みのトラブルはすべて持ってこられます。それはもちろんいいのですが、スキルがあまりない人がいると毎回毎回相談されたりヘルプされたりするのは、一時期ちょっと大変でしたね。パソコン教室の先生じゃないんだからって。

     

    あとはPC入れ替え作業で1日に10台を移動させて設置して設定してってやった時は、疲れましたね(笑)

     

    ズバリ!社内SEに転職して良かったですか?
    そうですね!それはそう思います。自分の仕事の結果や成果が見えるというのは大きいです。以前は自分が作ったシステムが使用されているのを見ないことが多かったですから。

     

    残業がないこともありがたいですし、繰り返しになりますが、頼られ感謝される仕事というのは何物にも代えがたいやりがいですね。

     

    会社や企業での社内SEの評判や評価は?

     

    感謝

     

    居てくれてよかった社内SE!!

     

     

    東京 金融関係OL

     

    私の会社の社内SEのAさんはPC関係のスーパーお助けマン!って感じですね!何でも任せてしまえる、本当に頼りになる存在です。

     

    前に会社のサーバが全く機能しなくなった日があって、電話はどんどんかかってくるし朝から会社が騒然となっていました。たまたまその日Aさんが遅め出勤だったんですよね。みんなAさんの出社を待ち焦がれていて(笑)

     

    そして出社してきたら速攻で直してくれた時は、もうほんとありがと〜〜って、Aさん一躍ヒーロー、人気の人になっていましたね。

     

     

    名古屋 大手の通信 会社OL

     

    前から社内で使っていた在庫管理のシステムがあったんですが、急にログインできなくなったりして、これの不具合がとっても多くってわたしたちOLの中では評判最悪だったんです。500万円か600万円かのシステムなのに!

     

    でも途中で入ってきた社内SEのOさんが、少し見ただけであっという間にその不具合を直してくれました。プロが見ると悪いところがすぐに分かるんだなあって。感動物でしたよ。

     

     

    東京都 不動産関係 部長

     

    社内に一人IT関係に強い人がいるというのは安心ですね。こういうのあると便利なんだけどと言うとちゃちゃっとやってくれることも多いですね。

     

    私は営業で外に出かけることも多いですが、外出先でも情報共有が瞬時にできるように既存webサイトやアプリやソフトを利用して、すぐに便利なシステムを構築してくれた時は、さすが!と思わず唸りましたね。おまけに年間のトータルでかかったコストはゼロ。最先端のあらゆる技術やITのサービスに精通していてとても助かっています。

     

     

    大阪 飲食チェーン マネージャー

     

    うちは関西圏で40店舗ほどある飲食チェーンの会社なんですが、長く使っている店舗間の情報共有システムがいまいちうまく機能していませんでした。最低でもこうして欲しいという要望は上にずっと出していたのですが、なかなか改善されませんでした。

     

    でも上司がスカウトしてきたSEが凄腕で。トップクラスですね、あの人は。1回でで要望通りのシステムに改善してくれました。知識も豊富だし、引き続きどんどん便利で効率の良いシステムにブラッシュアップしてくれるのでかなり助かっています。

     

     

    様々な業種業態で働いている方たちが、社内SEとしての働きに感謝していますね。社内のITを一手に担い、頼られる存在の社内SEの仕事は本当にやりがいと充実感を感じられるものですね。

    社内SEへの転職を成功させるためには?

     

    転職成功

     

    では具体的にスムーズに転職をするためにはどうすればいいのでしょうか?

     

    求人情報誌を見ますか?

     

    求人サイをチェックしますか?

     

    またはハローワークなどに社内でのSEを募集している会社を探しますか?

     

    最もおススメな方法は、転職専門のエージェントに探してもらうことです。

     

    転職サイトに登録して自分ではなくエージェントに探してもらうんです。

     

     

    最も成功する転職の方法は転職エージェント会社に探してもらうこと!

     

     

    転職サイトの母体である転職エージェント(転職エージェント会社)というのは、社内SEとして転職を希望しているあなたと、社内でのSE人材を探している会社や企業との間に入ってお世話をしてくれる人、または会社のことです。

     

     

    転職を希望している人に会社を紹介するのがお仕事なのですが、これはどういう仕組みになっているのでしょうか?

     

     

    転職専門エージェント会社はどういう仕組みになっているの?

     

    転職サイトを運営している転職エージェント会社は、多くの企業からその会社や企業に必要な人材を探して欲しいという依頼を受けています。

     

    それこそ何百何千という企業から依頼されています。そしてその要望に沿ったふさわしい人材を紹介することで報酬を得ています。

     

    そしてそれが多くの場合成功報酬、成果報酬という形になっています。

     

    つまり企業が求める人材を紹介し、その企業がその人と面接をし、結果実際に入社が決まってそこで初めてお金を得るという仕組みになっています。

     

    実はこの仕組みこそ、転職希望者が専門の転職エージェント会社を利用すべき大きな理由にもなっているんです。

     

    一体どういうことでしょうか?

     

    いわゆる求人サイト、求人雑誌などは、求人をしている会社から掲載料をもらって求人情報を載せているだけです。雑誌の広告と同じようなスタイルですね。

     

    実際にその求人を募集している会社に入社するかどうかは基本的に重要ではないんです。なぜなら掲載料という報酬をすでにもらっているからですね。

     

    しかし転職エージェントの会社はそうではありません。人材を企業に紹介して実際に入社してくれてそこでやっとお金がもらえるビジネスモデルです。

     

    転職エージェント会社は、転職希望者が入社して初めて報酬がある

     

    ということは......

     

    企業側が求めている人材とちょっとずれている人を紹介したり、面接して企業側が雇いたいと思えないような人を紹介したところで、一銭のお金にもなりません。入社して初めて報酬が支払われるからです。

     

    これは逆に言うと、転職を希望する側からしても同じことが言えます。転職を希望する側も当然ながら会社を選ぶ権利があります。

     

    あなたも希望している条件と全く違う条件の会社を紹介されても、そこで働こうとは思いませんよね?

     

    転職希望者が実際に会社を気に入って入社してくれなければ、同じく報酬はもらえません。

     

    だからこそ、社内でのSEへの転職を考えている人が、是非入社したいと思うような条件にあった企業や会社を一生懸命に探して紹介してくれる訳です。

     

    求人を募集している企業側には、希望通りの優れた人材を紹介し、転職を希望している人には条件にあった優良な企業を紹介する。

     

    このようにして成り立っているビジネスモデルなんですね。ですから、しっかりと責任を持って転職を最後まで支援・応援してくれるんです。そういう意味で、転職するなら求人サイトなどで直接企業に連絡するのではなく、転職エージェント会社にお願いするのが本当におススメなんです。

     

     

    さらに転職サイトに登録するメリットは?

     

    さらに他にも転職エージェント会社に登録するメリットをご紹介しましょう。

     

    ・完全無料

     

    報酬はすべて企業側から支払われます。転職希望者への紹介やサポートには一切お金はかかりません。すべて無料で転職先を紹介してもらえます。

     

     

    ・非公開求人の紹介

     

    実は求人業界の知られざる常識なのですが、求人サイトやハローワークなどにある求人情報は、求人情報全体の20%程度しか公開されていないんです。そう残りの80%は非公開求人なんです。

     

    どうりで求人が少ないとか、条件の良い会社がないと思ったのではないでしょうか。

     

    しかし専門の転職エージェント会社にはその一般には出回っていない非公開求人の情報が集まっているんです。ですから、一般の求人サイトなどにはない転職先を紹介してもらえる確率が高いと言えます。

     

     

    ・転職希望者の要望や条件を通してもらいやすい

     

    求人サイトから募集している会社に連絡すると、面接をすることになりますよね。その場合なかなか直接その場でこちらの希望条件や要望は伝えにくいですよね。

     

    あまり都合の良い条件ばかり言って断られても嫌だし、かといって譲れない条件もあるし......と悩みどころです。

     

    でも転職エージェント会社という第三者を介すことで妥協のない条件をしっかりと出せるというのもかなり助かりますよね。

     

     

    ・相談相手になってくれる

     

    社内でのSE職を探す転職活動がすぐに決まればそれに越したことはありませんよね。でもなかなか思っている条件の求人がない。
    そういう場合不安や心配になったり焦る気持ちも強くなってきますよね。そういう時に相談相手になってくれるのが転職エージェント会社なんです。

     

    転職を有利に進める際の心がけや、スムーズに転職をするための必要なアドバイスや提案をしてくれます。
    経験豊かなアドバイザーやコンサルタントがいるので、安心して転職活動を進めていけるのは本当に大きなメリットですね。

     

     

    現在年齢が20代のシステムエンジニアが社内でのSEに転職するために利用している、おすすめの転職エージェント会社をご紹介しますね!

     

     

    1位顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
    転職サイト

    転職サイト
    社内 SE転職ナビ

    社内でのSE職に特化したエンジニア専門の転職サービス

    この転職サイトは、まさに社内でのSE専門の転職エージェント会社です。社内でSEとして転職を目指す人なら登録必須の転職サイトです。

     

    キャリアアドバイザーによる丁寧なサポート
    社内のSE専門の転職サービスゆえに、アドバイザーもまさに社内でのSE経験者。転職を目指す人の気持ちや不安をよく理解してくれます。
    最後まで丁寧にアドバイスやサポートをしてくれます。

     

    社内 SE転職ナビ

     

    社内 SE転職ナビ

     

    2位社内 SEに転職までコーディネーターが徹底サポート!【サポタント】
    サポタント

    サポタント
    サポタント

    Web/EC専門の転職エージェント

    IT系に特化した転職先を紹介し続けて10年の実績があるのが、サポタントさん。10年かけて築き上げてきた関連企業との太いパイプがあるので、非公開求人も豊富に用意されています。

     

    コーディネーターが徹底サポート
    IT業界に精通したコーディネーターさんが担当についてくれます。長年の経験から転職に役立つアドバイスや提案をしてくれます。

     

    サポタント

     

    サポタント

     

     

    現役SEが語る、社内SE仕事の魅力とやりがい

     

    なって良かった!転職成功組の声

     

     

    転職インタビュー

     

    室田さん(28歳)

     

    直接感謝されるのは本当に嬉しい

     

    私の今の会社での立ち位置は、IT関連の何でも屋ですね。PCサポートからシステムの不具合の手直しなど、とにかく社員を手助けする役割です。

     

    「わー直った!ありがとうございます!」 「動かなくて困っていたんです。ありがとうございます」 など。直接お礼を言われるので嬉しいですね。

     

    困っている人を助ける、社員や会社に役立っているという満足感があります。意欲が出てきますね。

     


     

     

     

     

    転職インタビュー

     

    山木さん(27歳) 

     

    社内サービスのスペシャリストだと思っています

     

    社内のインフラ構築や整備、サーバー管理などを担当しています。社内の人たちのために働いているという実感があります。

     

    以前の職場は客先常駐でしたので、ただシステムを作っているだけのような感じでした。

     

    でも社内専属のSEに転職できてからは、会社のために頑張っているという手応えがあり充実しています。

     


     

     

     

    転職インタビュー

     

    大野さん(30歳)

     

    システム開発の中心に居られる喜び

     

    自社開発のシステムの中心に常に居られるというのは、経験にもなりますしスキルアップにも繋がっています。

     

    社内プロジェクトチームのリーダーであり、外部企業との調整者としての役割はとてもやりがいを感じています。

     


     

     

     

     

    転職インタビュー

     

    的場さん(35歳)

     

    安心して仕事ができる

     

    社内専属のSEとして転職したことで、自分の会社にずっと留まって仕事ができるというのがかなりの安心感を覚えます。

     

    たとえば自分が中心になって作ったシステムに、その後もずっと関われるというのも嬉しいですね。安定、安心、その言葉に尽きますかね。

     


     

     

     

    今の職場を変えて社内でのSEとして転職する。

     

    本当に良い転職先が見つかるのだろうか?と不安や心配にもなりますよね。

     

    でもこの仕事はとても魅力的で、安心や安定を感じるという人たちは多くいます。

     

    社内専属のSEに就きたいと思う気持ちや志望動機について、もう一度考えてみてください。

     

    安定や安心が欲しい。

     

    一つの職場に留まってずっと仕事をしたい。

     

    客先常駐ではなく自社のために働きたい。

     

    満足のいく職場環境で働きたい。

     

     

    一度の人生、そしてまだ若い時にえいっ!と自分で自分の背中を押して、本当にやりたい仕事、満足のいく環境でチャレンジするのも素敵な生き方ですよね。

     

     

    このサイトが社内SEへの転職を決意して新しいスタートを切る、そんなあなたの後押しになるなら幸いです。

     

     

    1位顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
    転職サイト

    転職サイト
    社内 SE転職ナビ

    社内でのSE職に特化したエンジニア専門の転職サービス

    この転職サイトは、まさに社内でのSE専門の転職エージェント会社です。社内でSEとして転職を目指す人なら登録必須の転職サイトです。

     

    キャリアアドバイザーによる丁寧なサポート
    社内のSE専門の転職サービスゆえに、アドバイザーもまさに社内でのSE経験者。転職を目指す人の気持ちや不安をよく理解してくれます。
    最後まで丁寧にアドバイスやサポートをしてくれます。

     

    社内 SE転職ナビ

     

    社内 SE転職ナビ

     

    2位社内SEに転職までコーディネーターが徹底サポート!【サポタント】
    サポタント

    サポタント
    サポタント

    Web/EC専門の転職エージェント

    IT系に特化した転職先を紹介し続けて10年の実績があるのが、サポタントさん。10年かけて築き上げてきた関連企業との太いパイプがあるので、各種の非公開求人も豊富に用意されています。新着の案件も多数あるのですぐに応募を!!

     

    土日の休日、完全な週休2日、賞与あり、残業代も支給、福利厚生、有休あり、交通費、社宅も完備、住宅の手当など、非常に優遇された転職案件も多数あります。急募な求人の情報もあります。高卒、大卒などの学歴も不問な求人も多数。関東、首都圏、大阪府、関西、九州など全国の求人も。

     

    コーディネーターが徹底サポート
    IT業界に精通したコーディネーターさんやスタッフが担当についてくれます。長年の経験から転職に役立つアドバイスや提案をしてくれます。コミュニケーションのスキルを磨くように助けてくれますよ。

     

    サポタント

     

    サポタント